引越しする際、ガスコンロは捨てるべきか、それとも、引越し先で買うべきか迷うこともあるでしょう。 普段はあまり意識していませんが、実は家庭用のガスには大きく分けて二種類あり、ガスコンロにも都市ガス用のガスコンロとプロパン用のガスコンロがあります。 都市ガスが供給されている地域では、プロパン用のガスコンロは使えません。 逆に、プロパンガスに対して都市ガス用のガスコンロを使うこともできないのです。 もし、引越し先でも現在の居住区と同じ都市ガス、または、プロパンガスを供給しているのであれば、引越し先でもそのまま今のガスコンロを使えるでしょう。 ただ、都市ガスは一種類ではなく、いくつか種類があります。 種類によっては、都市ガス用のガスコンロでも使えないものもあり、その場合は部品を交換するなどしなくてはなりません。 まずは、引越し先で供給されているガスの種類を調べてみてください。 調べても判断に迷うようなら、引越し先で契約することになるガス会社に電話して、質問してみるといいですね。 使えないものを持って行ってもゴミになるだけですから、面倒でも予め調べておいた方がいいと思います。